スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋☆.。.:*9月15日

もうすっかり秋ですね☆.。.:*
秋になると。。。

美術館、紅葉、この2つは絶対行きたくなりますね
丁度今いい写真展をやっているということで早速観に行ってまいりました☆.。.:*

中村征夫写真展「命めぐる海」です

日本のはるか南に位置するジープ島
他にもたくさんの場所のお写真があったのですが、YUKA☆の心を
一番つかんだのはジープ島です☆.。.:*

なんと1周40mほど、歩いて3分という小さな小さな島。
グアムの南、ミクロネシア連邦という島々のうちの一つです。
管理人はこれもなんと日本人
無人島で8~12人くらいしか宿泊できないらしい(笑)

波が寄せ集めた本当に少しの砂浜。
そこに鳥たちが羽根を休め、肥料を得た草木が根付き、
いつしか島になった、そんな素敵な島の誕生です☆.。.:*

ではお写真をお楽しみください
nakamura_01.jpg
02_photo.jpg

きれいだねぇ
こんなところ、行ってみたいねぇ。。。
3はちなみに日本の東京なんですけどね。。。

かなり探したんですがみつからなかったので、ご紹介できませんが、
YUKA☆が本当に気にいった写真は、
半分海中、半分島とお空の写った「半水面で眺めるジープ島」、
あと、イルカさんとオメメの合う「ミナミバンドウイルカとの見つめ合い」
後、名前も分からないんですが、イルカさんに光がきらきら反射して
模様みたいになってるお写真、たまらなく好きです☆.。.:*
また機会があったら是非見て見てください

午前中はこの美術展に行き、午後はお友達のピアニスト、みっしーが
ラフマニノフのピアノコンチェルト2番をやるということで、
そちらを聴きにいきました
20080918214859.jpg  いやーーー。
  好きなんですよ
  ラフマニノフ
  オケを引き連れて、
  立派に舞台を踏む
  みっしーに大きな拍手

  歌でも一緒だけれど、
  一人の人の声や
  ピアノの音が、
  あれだけ大人数の
  オケの音を飛び越えよう
  と思ったら、本当に
  大変なんですよね。。。

  しかも女の子の小さな手で、
  すごい挑戦ですよね。

  出だしのピアノソロ。
  派手な音ではないけれど、
  小さな魂のこもった音は
  会場をしっかり
  包み込んでいました。

  

最後のtutti。
やっぱりラフマニノフ最高だぁと思う瞬間。

若い音楽家の熱い魂。
ラフマニノフの壮大な音楽。
なんだかとても勇気をもらえる演奏会でした。

秋は本当にいいものに触れることのできる機会が多い季節です
音楽や美術だけでなく、自然もまたその一員です。
まだ始まったばかりの秋。
みなさんも素敵な秋を過ごしてくださいね

さ、次はコロー展かしら
スポンサーサイト

cafe画廊☆.。.:*

20071212100941.jpg


先日、知り合いの方がされている個展を見に(というか覗きに)
神戸のとあるcafeを訪れました。
とても変わった知り合い方で、前に、小学校の友達が
個展を開いたのを見に行ったときに、その画廊のオーナーを
されている方が絵を書かれていて、YUKA☆もその画廊で3曲、
後日クリスマスコンサートをその方が建築したお宅でさせて
いただくというまさに”縁”という言葉を感るものでした。

この方の作品はいい意味でとても「普通」です。
どこにでもあるお野菜やお魚、そんなモノ達が主役になります。

一人でくるまるお魚の干物。
何とも鮮やかに色を放つ赤い辛子。
兄弟のようにならんだみかんたち。

なんだかほっとする、そんな絵です。
最近は何度か舞台を観にきてくださって、
こうして絵を観に行ってしていますが、タイミングが悪いのか、
なかなかお会いすることができないでいます。
ちなみにこの日もお仕事でいらっしゃいませんでしたが。

また絵や歌のお話をする機会がありますように。。。

ひゅぅるりぃ~~ひゅぅるりぃららぁ~~~。。。

07-09-09_16-12.jpg  あぁあぁ…
  久々にやってしまいました。
  ミラー…飛んでいった
  対向車線のお車のミラーと
  みごとに接触
  相手の人…
  めちゃめちゃキレてはった。
  いやいや、立場は同じよ?
  後でお話し合いをする時
  には冷静になってたので、
  もめずにすみましたが。
  ミラーも無傷だったので、
  はめ込むだけでOK

07-09-09_13-31.jpg  ゼロ円助かった
  事故は気をつけんと

  てかそもそもは今日朝、
  大寝坊したところから
  不運が始まったのだ。。。
  やっぱり早起きもせんと

  今日は久々に相生の
  結婚式場へ☆.。.:*
  わりと好きな会場。
  しかし遠いのがたまにキズ。
  家から1時間半

07-09-09_16-03.jpg  帰りは事故渋滞に
  巻き込まれ、半分過ぎぬ
  間に1時間経過。
  時速0~5キロを数十分。

  …ついてない

  とことんついてない。
  こんな日もある!…か?

  このお空だけが今日の
  唯一の救いでした

心にもビタミンを☆.。.:*

今日は、ありえないことにも結婚式でした。。
えぇ。
声は全くでませんよ。。
断るのをすっかり忘れていたのです

めっっちゃ歌ってるように見えるように、
しっかり口あけて、息も吸って、ほぼ口パクしてきました
だめですよぉほんとはね。
でもさすがに当日キャンセルできませんからねぇ

心なしか、今日は声が出やすいです
しゃべり声だけでも美しくなってきたので、非常に嬉しく思います

今日は久々に癒しの絵画を紹介しましょう

一から説明するのも失礼なくらい有名な画家、ゴッホですね。
時は1800年代、印象派になるんでしょうね。

ゴッホ展に行ったのは比較的最近のお話です。
どうせ癒しを求めて行ったのでしょうが、
どんなしんどいことがあったのかはすっかり忘れてしまいました(笑)
幸せなことですね☆.。.:*

Cafe-Terrace-at-Night.jpg


gogh_c_11.jpg
  いろいろ見ていると
  こんなものを発見しました

  この絵はYUkA☆も大好きな
  「夜のカフェテラス」ですが、
  なんとモデルにした場所が
  載ってたんです

  これは面白い
  と思い思わず引っ張って
  きてしまいました

  実際とはやはり雰囲気ちがいますね。
  でもほんとに黄色いんやぁとか、
  変なところに感動しつつ(笑)

 
  
self-portrait.jpg   次の絵はゴッホの自画像です。
   画家としての姿が分かる自画像は
   ほとんど残していないんだとか。

   最後の1枚は、ゴーギャンと一緒に住んでいた
   「黄色い家」ですね。
   ゴーギャンとのお話はいろいろあるようですが、
   たいした知識もないのにうそ言ったら困るので、
   深追いはやめておきます(笑)

   ただ、私は、ゴッホの絵を見たときに、
   色で、いろんなことを表現したかったのかな
   と思ったのです。

   
The-Yellow-House.jpg   中でも、ゴッホの描く「青」と「黄」には、
   とても感じるものがありました。
   
   例えば、「夜のカフェテラス」。
   この画像では全然分からないですが、
   青は少し深さのある感じの色、
   そこに夜の黒と少し水色が混ざり、
   バックだけ見ると少し暗い印象さえ受けます。

しかしここでなんといっても特徴的なのがこの黄色です。
近くで見ると、何回も何回も、塗り重ねられた、ものすごく鮮明な、まばゆい「黄」でした。
「黄」というより「金」に近いぐらいかもしれません。

私が絵を眺めている時に、何となく思いうかんだのが、
「青」が現実、「黄」が憧れの象徴なのではないかということです。
もし絵に詳しい方がこの記事読まれて、うそばっかりゆーてからにって思ったらすみません。。
これはあくまでYUKA☆の感想ですので、お許しください

「青」からは寂しさや不安や孤独を感じ、
「黄」からは恋焦がれるけど、叶わない、憧れや、光を感じます。
叶わないことだからこんなにもまばゆいのかなと思ったり。

ゴーギャンと共に住んだ「黄色い家」の「黄」には、「カフェテラス」の「黄」とはまた違う、
暖かみや、平穏を感じるような気がするのです。

変なもので、音楽もそうですが、
書いた人はきっと何らかの思いがあってそれを絵や歌にのせるのに、
見る人が違うと見方ってきっと変わってしまうんでしょうね。
それがいいような悪いような。
でも、そんな絵や歌には人の心を動かす「何か」があるんですよ。
いろんなことを想像させてくれます。
たとえそれが本来の解釈とあっていようが、違っていようが、
本当はそんなこと、どうでもいいのかもしれません。

心のビタミン
しっかり補給したいなぁといつも思うYUKA☆なのです

癒し系☆.。.:*

こんばんは

今日ユニ○ロに行ったら、ついに店長に
店長: 「準社員になったらいいのにぃ」
と言われてしまったYUKA☆

まぁ確かにここのところ出勤回数は社員さん並ですからなぁ


さて、最近YUKA☆の好きなものについてちょっと書いていってるんですが、
今日は絵画についてお話したいと思います


そう、YUKA☆は絵も大好きです

疲れた時…
落ち込んでいる時…
悩んでいる時…
頑張った時…

とことあるごとにYUKA☆は美術館に足を運びます

最近行ってないのでまた行きたいなぁと思っている今日この頃です。。


好きな絵は本当にたくさんあるのですが、
今日はルノワールの有名な1枚をご紹介します

ShowLetter30.jpg


お家にある複写の絵を写メしたので、見にくくてすみません
でも柔らかい感じでとってもきれいでしょ
ルノワールの「ピアノに向かう姉妹」という絵です☆.。.:*


ピエール=オーギュスト・ルノワール はフランスの印象派の画家です
13歳ですでに磁器の絵付職人だったそうな。
すごいねぇ
あのモネさまともお知り合いなのです
この柔らかい色の感じとか、輪郭とかが、たまらなく癒しです
本当に大好きです


runo-14.jpgruno-12.jpg

  左が「ムーラン・ド・ギャレット」
  右が「都会のダンス」です
  
  左はしおりを、
  右はファイルを持っている

  ついつい美術館に行くと
  ポストカードだの何だのって
  買ってしまうのです。。

  もちろん本物とは全然違います。
  でも物をもってると、
  それを見たとき
  思い出せるでしょ

  これを購入したのは
  もう何年も前ですけどね☆.。.:*
  
  音楽もそうですが、
  素敵な作品からは、
  色だったり、
  香りだったり、
  温度だったり、
  そこに見えている物以上に
  何かが感じられるのです。



ルノワールの作品はとっても暖かい感じがします。
寒い寒い冬の日に小さく輝く暖炉の火みたいな感じ。
火は小さいけれど、そこには安らぎが待っている。
だからみんながその火の周りに集まってくる。
そこではどんな人もみんな笑顔でいられる。
そんな感じです。。

YUKA☆は全然絵に関して知識薄いですし、
歴史もそこまで詳しくは知らないのですが、
こういう何の気ないことを思いながら
絵を眺めるのがとっても好きなのです


また何かみに行きたいなーーーー
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

YUKA☆

Author:YUKA☆
★お誕生日
 1983年2月4日
★性別
 女の子
★星座
 みずがめ座
★血液型
 A型
★お家
 兵庫県
★職業
 オペラ歌手タマゴ
 ユニ○ロ店員
 結婚式聖歌隊
★特徴
 どんくさい
 気づけばいつも歌っている
(↑本人無意識なことも多々有)
★好きな…
→香水
 ・ベビーナイト
 ・インカントシャイン
 ・マジックトゥラブ
 ・サムタイム
  インザイブニング
 ・ベビードール
 ・アナスイ
 ・ジャドール
 ・エスカーダ
 ・ポロ
 ・CKー1
 ・サルヴァトーレ
 ・ハッピー
 書くと甘いですねこれw
 他にもいろいろ♪
→シャンプー(笑)
 ・ケラスターゼ
 ・ツバキ
 ・マシェリ
 ・パンテーン
→映画
 ・天使にラブソングを
 ・クレイマー・クレイマー
 ・ドラえもん全般(笑)
 ・あらしのよるに
 ・魔女の宅急便他宮崎映画
(アニメ好き!?笑)

 
→2012年
 今後の演奏会
いつもありがとうございます♪
お時間合いましたら
是非ご連絡ください♪♪


2012年

*************

5月5日(土)

東日本チャリティーコンサート


お時間合いましたら
是非ご連絡ください。
いつもありがとうございます☆






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
姫☆.。.:*ゆきちゃん♡&ちゃちゃ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。