スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い友へ。


今日は稽古でもないのに、1日中頭の中を愛妙が流れていますが…
本当に、朝起きた瞬間から、仕事中から、今も。
そして明日からはまた連日…www
幸せなことかもしれません

昨日は、ひろこのソロリサイタルを聴きに、初、女学院に行ってまいりました
雰囲気のいい学校でした☆
ちょっと相愛似てるかも…木が多いとことかねw

ひろことは6つも年が離れてる。
彼女はあるときは可愛い後輩であり、あるときはお姉ちゃんみたいな存在である。
何てゆーか、超アツイ子でね(笑)
情熱まかせに突っ走ってしまう傾向にあります
でも実は繊細なところもたくさんあって。
そんなところもゆかはすごく好きなのですが。。。

ひろこは、ゆかのフィガロ観て、泣いたと言っていた。
その時は、いや、フィガロで、ケルビーノで、なぜ泣く!?
と思っていたのだけれど、昨日、その言葉の意味が初めて分かった。

年は離れているし、いつも一緒にいるわけじゃないけれど、
多分、お互いのことを、すごく分かり合っているのだと思う。
彼女が追い求めた音楽は、痛いくらい心に響いた。
人の心に響く音楽に必要なのは、きっと完璧なことなんかじゃない。
彼女の努力の成果は、彼女らしいチャーミングなパフォーマンスとして舞台を彩り、
それはきっと客席いっぱいに届いていたのではないかと思う。
みんなが、ひろこの歌に、喜びの拍手をおくっている中、
ゆかは、一人、涙がこぼれないように、必死で彼女を見つめていた。

こんな出会いは、きっとなかなかない。
いつか彼女とまた同じ舞台に立てたら幸せだな
その日がきっとくるように、経験を積んでいきたく思うのです。

可愛い写です
この恰好で、この小道具で歌うアリアは…あれしかないよねwww

20101004132845.jpg

愛のカタチ。

「賢者の贈り物」オー・ヘンリー

ある貧しい夫妻が迎えたクリスマス。
妻は、夫の大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を買うために、
美しい髪を売り払った。
夫は、妻の美しい髪に似合うであろう櫛を買うために、
大切にしていた懐中時計を質に入れた。
鎖と櫛。
互いに贈りあったものは、結局使うことができなくなってしまった。
妻は美しい髪を失い、夫は大切にしていた懐中時計を失ったのだから。
でも、そこには何にもかえがたい愛がある。


今日は、この話を目の前で見る機会がありました。
と言っても、ゆかの前で起こったできごとは、
朝から、おばあちゃんが倒れて救急車で運ばれ、
おじいちゃんは手術のために入院し、という、
あわただしくも、心休まらないできごとばかりだったのですが。


愛し、愛される人に巡りあえる、ということは、本当に幸せなことですね。
「賢者の贈り物」ほど美しい物語は、現実にはなかなかないかもしれませんが、
この物語のエッセンスを、日常に感じるチャンスは、
きっと誰にでもあると思うのです。
何かを犠牲にする、というのは決して簡単なことではないけれど、
そんなときですら、この夫婦は、相手の喜ぶ笑顔のことを、
一番に考えていたのかななんて思います。
それってなんて幸せなことなんでしょうか。


今日は、おじいちゃんおばあちゃんを見て、
80歳すぎても、自分が倒れようとも、
自分より相手を想えるっていいな、と思いました。
いつかそんなパートナーに巡りあえるでしょうか。。。

愛する友へ☆またぬwww

旅たちの日の空は、どうしてこうも力強いのだろう。

ほとんど寝ずに迎えた朝。

しばらく最後の朝。


20100831055729.jpg

20100831073618.jpg  

  変えられないこともある。

  でもそれでいいのかもしれない。

  そこにはまた別の未来がある。



  形が変わるだけかもしれない。

  何も変わらないかもしれない。

  全てが変わって
  しまうのかもしれない。



  巡り巡ってまた逢えたら、

  その時は仲良くラーメン食よ


  頑張れぇぇ(/・ω・)/ ♪

とどきますように

他人は自分ではない。

ので。

人と付き合うということは、
友達も、恋人も、家族も、先輩や、後輩や、先生や、上司やみんな含めて、
いかに相手の気持ちになって考えるか、
ということが、すごく重要なように思います。

自分がされて嬉しいことは人にもしたい。
自分がされていやなことはできるだけ人にはしたくない。

そして、相手がいいと思うだろう、と思うこと、
いやと思うだろう、と思うことをある程度推測して、
行動に移したり、また行動に移すのをやめたりする。

推測はあくまで推測だから、
時には全然見当違いなことになってしまうこともあるけれど、
でも、相手を思う気持ちはとても大切だと思うのです。




推測しなかったのだろうか。




そう思わずにいられない。

簡単に推測できることなのに。

はたまた、推測を失敗したのだろうか。



ずっと最高の友であってほしい人だからこそ。

いつか分かりあいたい、そう思うのです。

魅力あふれる人。

今日はとってもとってもいい日でした☆
こなした予定は稽古だけなんですけどw

まずはその稽古。
今日は「愛の妙薬」のコーラスの稽古に参加してきまして。
すごく素敵なプリマの方が指導されていたのです
ものすごくパワーをもらいました
この歌い手さんの考え方、非常に好きです

音楽を、心から大好きと思う。
心で感じて、体で表現する。
脳で考えることが支配するのではない。
感じたことを体で表し、そのことを楽しいと感じられるかどうかが大切。

YUKA☆が、なぜ基本的に音練よりも、立ちがついてからのほうが心踊りだすか、
その理由が解明されたようで、えらく関心してしまいました。
メンタルをうまくコントロールできる舞台と、そうでない舞台があるのも、
すごく納得いくお話がありました。
って、そんなお話をメインでされてたんじゃないんですけどねww
無意識に、心がわくわくしてる時、っていうのは、きっといい音がなってる。
その時間を長くもつことができれば、自分はきっと変われる。
確かに、うまくいっている時の共通点の一つとして、絶対にあげられるのは、
いい感じにわくわくしているということだと思います
いいお話がいっぱいあったんですけど、書くと薄くなりそうなので、
このくらいでやめておきます☆
すごく元気になれて、それだけでもとってもハッピーです

後、さっきちょろっとつぶやきましたが、小澤征爾さん、復帰されましたね
これも見ていて、心が熱くなりました
一音にかける魂みたいなお話をされてて。
どれだけ体調が万全でなくても、自分が絶対にやらなければならない、やりたい、
と思った目標を目指して、人は復活しようとするのですよね。
第二の人生一日目、とおっしゃってました。
本当に本当に偉大な方です。

後もう一つは、中国で暮らし続ける、現在101歳の、元軍人、現お医者様のお話。
この番組も素晴らしかったです。
戦争中、食べるものもなく、倒れこむ自分に、手を差し伸べてくれた、心温かい中国人たち。
どうして敵国の兵士に、このようなことができるのか。
自分がこの国の人に恩返しできることは何なのか。
そうして、一から独学で医学を学び、戦後、中国の地で、医療に携わって60年。
101歳になった今、たくさんの人に必要とされ、今もなお、現役医師として診療を続ける日々。
なかなかできることではないですよね。
そしてこの方も最後におっしゃってました。
自分はまだまだこれからだ、と。

魅力あふれる人の共通点。





人生を楽しく、信念強く、生き続ける。







見ているだけでパワーをもらえました☆
うん、いい日だった♪

うむうむ。

今朝。

腹痛で4時半くらいに目が覚め…
薬を飲んでもおさまらず、
多分1時間くらいうずくまり…
気付いたら寝てたけど、冷や汗びっしょりで目が覚めた。。。
こんなことは過去に一度もないのですが

そのせいだけでもないけれど、今日は一日エンジンかからず

何か疲れてるかもw
こう見えて、結構、考え性なんでww笑
心に栄養が必要だ

明日は何かウキっとなることしよう

おやすみなさぁい

ありがたぃ。

なんだか最近…
柄にもなく、落ち込み、へこみ、気付けば泣いてみたり…
病は気から、とはよく言いますが、
気は病から、YUKA☆の場合は確実にこちらの方がよくあります。。。
長く続く病は心までも蝕む。
普段だったら全然こんな風には考えないのに。
って思うようなことが、いろいろと出てきていたここ1週間ほど。
上手く処理できない気持ちたちと共存する毎日。

かなり思いつめないと人には言えなかったり、
ってゆーか、どれだけ思いつめいても、人には言えないまま、
一人で抱え込むことの方が多かったりするものです。

でも、いざぽろっと打ち明けてみたら、
親身に聞いてくださる方がいるんですよね。
それだけで、何も状況が変わらなくても、
心が穏やかになったりするものです。
ありがたいなぁって思います。

焦っても、仕方がない。
今は休む、それしかない。
なるようになる
…かなぁwww

人には。

向き不向きがある。

人付き合い。

実は不向きなのかもしれない。

不器用だなとつくづく思う。

自分を一番に考えればいいのにそれができない。

損だなと思う。

しばらくは考えるのをやめよう。

ちょっと疲れてしまった。

悲しいのはもういらない。

つたえたいことばは。。。

大好きな人に会うときの女の子は可愛い☆.。.:*

いつもと同じメイク。
同じ髪型。
同じ服。
だけど、絶対的に可愛い。
そんな女の子でいたいなと思う。

何かが変わったようで、何も変わらないのかもしれない。
また衝動的な感情の変化についていけなくなる日もくるかもしれない。

でも、今日は楽しい日だった。
現実は変わらないけれど。
変化を受け止めなければならないのも事実だけれど。
今日は変化を受け止めたのではなく、時がとまった感じに近い。
現実だけが頭のなかでループして、心は一歩も進まない感じだった。
でも、楽しかった。




ありがとうをつたえたい。

この魔法がとけたら、また前に進めるように。。。





思考。

今日は心に深くとどまるできごとが3つありました。
この3つのお陰で今日はいろんなことを考えさせられました。
素敵な夫婦の話しと、知識と心ある店員さんの話しと、悲しい人生の結末の話しです。
少し長くなりますが、書きたい気分なので、書きますw

素敵な夫婦日曜日は…

今日はいつも教えに行っているコーラスの日でした。
もうすぐオペラの本番があるので、それのチラシを皆さんにお配りして☆.。.:*
わりとよく演奏会に来て下さる、奥様と少しお話していたのです。

とても品のある方で、時々お着物でレッスンにこられたり、
お洋服も、ご自分に合うものを本当によくご存知で、
落ち着いた中にも、どこかしら華やかなものをいつも身に付けられています。
デコルテはいつも金のラメがちりばめられており、手にはネイルサロンのマニキュアが。
何とも言えないオーラのある方なのです。
84歳。
美しい奥様です。

いつもの感じで、もしお時間会えばお越しくださいね、ってゆーてたんですが。
その奥様が、先生、日曜日は駄目なんですよ、とおっしゃられて。
そして、キラキラの笑顔で、日曜日は絶対にダーリンと過ごす日なんです。
とおっしゃられていたのです。
思わずこちらが微笑んでしまいました。
これがこの方がいつまでもお美しい秘訣なのかもしれません。
いくつになっても恋をする。
しかもそのお相手が長年連れ添った旦那様だなんて、なんと素敵な話しでしょう。
女性はある意味得かもしれません。
誰かを好きでいるだけで、いつまでも綺麗で若々しくいられるのですから。
こんな方に、こんな人生の送り方に、とても憧れます。

知識と心ある店員さん香りのプロ

帰りに久々に香水のショップに立ち寄りました☆.。.:*
YUKA☆、香水がめちゃくちゃ好きです。
マイブームにのっとって、ずっと同じものをつけているときから、
毎日とっかえひっかえ違うものをつけるときから様々ですが、
何せ好きです。

お出かけ時は、仕事とかで禁止されてない限り必ずつけてますし、
本番の日は香りを選びます。
寝るときにつけて自分のリラックスの為だけに使用することもあります。
ローズベースの香りが特に好きです。
今日はふらっと立ち寄ったのですが、素敵な店員さんにとても癒されました。
YUKA☆が好みの感じを言うと、これでもか、と並ぶ香水の中から、
かなり厳選して選んでくださいます。
さらに、今は廃盤になっててなかなか手に入らない香水の話しで盛り上がれるくらい、
かなり知識のある方でした。

驚いたのが。
テスターにいくつか香水をつけていただいていたんですけど、
途中でその紙が混ざってしまって、どれがどれやら分からなくなってしまったのです。
そしたらその店員さん、香りをかいでどれか教えてくださったのです。
すごくないですか!?
今回試させてもらったのは、そんなメジャーなブランドの香りではなかったのに。

YUKA☆もはしくれながら販売員ですが、
残念ながら、服について、ここまでの知識ないです。
でも、詳しいお客様からしたら、こんな会話ができることがどれだけ楽しいことか。
素晴らしいなと思います。
結局はキューイの香りがベースの香水を買いました☆.。.:*
笑顔でお見送りしていただいて、YUKA☆の心もハッピーです。
心のこもった接客を。
そのための自分磨きを。

悲しい人生の結末生きるということ

YUKA☆は家族が本当に大好きです。
母の子どもでよかったと思いますし、
父の子どもでよかったと思いますし、
妹の姉でよかったと思います。

今日は母の話しです。
本当はネット上でする話じゃないかもしれませんが、少しだけ。
今日、母の教え子が亡くなりました。
鬱による自殺でした。

学生時代はとってもやんちゃな生徒で、よく家庭訪問に行っていたそうです。
卒業してからも、時々おとずれる節目には連絡があり、
母の退職時にも一番に連絡をくれたのがその生徒さんだったそうです。
やんちゃだったけれど、実は先生にかまってほしかった、
先生は本当にいつも気にかけてくれて、とっても好きな先生だった、
とご家族にも、母本人にも、言われていたそうです。
その方が、自ら命を絶ってしまいました。

まだ30代。

最後は鬱療養の為に入院されていたようですが、
本人の意思で、家族以外の人には全くその状況も知らされることなく、
外出許可がでたその日に自宅で亡くなられたそうです。
愛する奥様宛てに、本当に長い長い遺書を残して。

母はなぜか少しの微笑みと、涙と、悔しさが混ざったような顔で帰ってきました。
悲しいのに、昔のことを思い出したら、微笑んでしまうのだ、と言っていました。
そして悔しさ。
なぜそんなに苦しんでいるのに、話してくれなかったんだろう。
先生先生って、ことあるごとに連絡をくれていたのに、
なぜこんなにも思いつめているときに連絡をくれなかたのだろう。
もし知っていたら、少しでも元気を分けてあげられたかもしれないのに。

不謹慎ですが、YUKA☆は母のこういうところがすごく大好きです。
母がもし知っていたら。
もしかしたら、この方は本当に救われていたかもしれません。
母はそういう人です。
母はおそらく、なんとしてでも、この方を救うために、尽くしたことだろうと思います。
でも、神様はそのシナリオを準備してはくださらなかった。

お通夜の席で、母だけではなく、ご家族や、お会いしたこともない奥様までもが、
先生のことはよく伺っています、と少し微笑み混じりに会話されたそうです。

人の命って何なんでしょう。
でも母の話しを聞いていると、決して命を軽んじて、亡くなられたわけではないのです。
むしろ、人を大切に思いすぎるあまり、自分の心に病みを抱え、責任を感じ、
そして生きていられなくなった、そんな感じでした。
誰のせいでもない。
そんなことだってきっとあるのです。

いろんなことがある人生。
でも、大切な人がもし人生の最期を自ら選択してしまおうとしていとしたら。
やっぱり生きていてほしいと思ってしまいます。

お通夜で頂いてきた品物を見つめながら、
こんなものいらないから、戻ってきてくれたらいいのに。
とつぶやいていた母の言葉が印象的でした。

YUKA☆は昔、教師になりたかった。
それは、いつも懸命に日々を送る父や母を見てきたから。
人生で記憶に残る教師なんて、そう何人もいないと思う。
でも、YUKA☆はそういう教師に憧れていた。
その憧れは今も少なからず残っている。

父と母は、世界で一番尊敬する人物であり、
一番の憧れであり、一番の目標かもしれません。

幸せ=…

幸せ=

喜び×不安×悲しみ×安心×…

全ては掛け算。
様々な要素がからみあって幸せという感情を作る。
時に不安や悲しみがまさることがあったとしても、
それを総称して幸せと呼べることもあると思う。

いや。
正確には、その時々は「不安」や「悲しみ」であることも、
後から思い返せばやはり「幸せ」なのだと思うことがあると思う。

会いたい。
会いたくない。
会えない。
会いたい。

でもおそらく会うのであろう。



それはきっとそれが「幸せ」だから。



1_20100316225855.jpg

4度目の正直w

3度書いた日記を消して、4度目にしてアップww
ちなみに4つとも、全然違う内容のことを書こうとしてました
よくある話ですwww

先日の☆
姫会の明るい写真があったので、ぴろちゃんとこからぱくってきました
楽しかったなぁ

36516011_2972104699s.jpg
36516011_3114683274s.jpg

いろいろある。
いろいろあるけどやるっきゃない。
というか、逆に言うと、やりゃいいのです

YUKA☆の周りにいる、尊敬する若手音楽家は、
みんな似たような感じの人です。

頑張らずに音楽を楽しむ。
でも実はめっちゃシビアでストイック。
でもでも、本人、楽しんではる(多分w)。
そんな音楽家、目標

さぁ寝よかなーーー

どうにもならないことたち。

今日は今日で、突然ふってわいたネタがあるのですが、ちょっとそれは後日にw

昨日ぶつけた頭が痛い
歌おうにも気になってしゃーない。。。
目は腫れたままやしふんだりけったりです


突然なのですが。
お線香の煙を真剣に見つめたことありますか。
YUKA☆はあれを見るのが好きなのです。
香りもいいですが、すごく細かい煙が何重にも重なって、立体的に広がります。

昔から、めちゃくちゃおじいちゃん&おばあちゃん子だったYUKA☆にとって、
この二人の死は受け入れがたく、本当に落ち着いて二人の存在を、
また感じられるようになったのはいつからなのだろう、と思くらいです。

今では何かあると間違いなく、気付けば二人に報告しに行っています。
嬉しいことも悲しいことも、多分、みんな見てくれてます。
あ、特に信仰はないんですけどね残念ながらw
でも、側にいてくれるような気がしてならないのです。
本番の朝は仏壇にチケットを供えます。
二人が来れるように。
おじいちゃんおばあちゃんはYUKA☆にとってそんな存在です。

今日。
久々に長い時間、仏壇の前に座っていました。
何も言わなくても、多分見ていてくれてるので、知っているのでしょう。
不思議なのですが、そういう日、お線香の煙はYUKA☆のことを取り巻くように、
包み込むように、YUKA☆の周りを漂います。
大丈夫。
大丈夫。
またうまくいく日がくるよ。
何も心配することはないよ。
いつも側にいるよ。
顔を上げて。
ほら、笑って。
そう言ってくれているのかなと思います。


誰も悪くないことってあると思う。
それでもうまくいかないこともあると思う。
誰かが悪ければよかったのに。
そうしたらぶつけどころもあるのに。
そんな風にも思う。
でも誰も悪くないから、またうまくいく日がくるような気もする。

こんな風に考えてしまうのは、多分、私のいいところでも悪いところでもある。

よく優しいねと言われる。
本当の意味で、本当にそうなのかな。
優しいのだとしたら、もしかしたらそれは、自分の大好きな人たちに、
嫌われたくないからだけなのかもしれなくて。
嫌われるのが怖い。
だから優しい。
でも人が悲しいと自分も悲しかったり、どうにかならないかって思ってしまったり、
ふいに一緒に泣いてしまったり、本当に心から動いている自分もいる。
つまりそれは本当に優しいのか。
私ってなんなんだろう。


でも、何度考えても、誰も悪くない。
そこだけは変わらない。
だから、もういいかなって思う。
後ろを振り向くより、前に進む。

いつまでも。

後6時間。

あの日あの瞬間から。

15年前の今日も、きっと今の私みたいに、
明日が来ることが当たり前と、みんな、みんな思っていたにちがいない。


15年。


小学生だった私は大人になりました。


志半ばに、お亡くなりになられた方々に心からお悔み申し上げます。





今日、テレビで、ある新聞社が、被災と復興の記事を作ったときの、
葛藤を描いた番組を放送していました。
再現映像とはいえ、人間模様が心に痛く感じられました。
安置所におさまらず、並べられる死体の山。
火事で焼け死んだお母さんの骨を瓦礫の中から探し出す子ども。
生き埋めになっているとわかっていても、生存率が高いと思われる人からしか、
救助がまわってこない、やりきれなさ。

その写真を撮る記者たち。
今、この瞬間の悲劇が絶対に忘れられないように。
休む間もおしんで写真を撮り続ける記者。
地獄のような街を目の前に、悲しみ、苦しむ人にカメラを向け、
写真を撮ることに何の意味があるのか。
カメラを握ることができなくなってしまった記者。

本当に、自分に災害が降りかからない限り、
やはり人というのは、痛みを真の意味で近くには感じられないもので。
当事者になって初めて分かる、悲しみ。痛み。
その代償はあまりにも大きすぎる気がしますが。




15年。




神戸の街は劇的に美しくよみがえり、
今ではあの悲劇の陰を感じることはできません。


でも。
忘れてはいけない。


毎年この日がくると、
強くそう思うのです。



今度出演する「Cosi fan tutte」ですが、
実はこちらも震災後の復興コンサートなのです。
震災でお歌仲間を亡くされたことから、
毎年コンサートを企画されるようになったそうです。
亡くなられたお仲間の方や、そのお子さんのことを想い、
何かできることはないか、と立ち上げられたコンサートです。
昨年からは、コンサートがオペラに代わり、私も今年で出演2回目となります。
コンサートやオペラで集められた募金は、「レインボーハウス(虹の家)」
という、震災遺児の心の癒しセンターを支援するものとして、
毎年寄付されています。

このタイミングでこの番組を見られたことを、
とてもよかったなと思っています。
とても気持ちが引き締まりました。

忘れてはいけないあの日のために。
忘れられないあの人のために。
心を込めて最後まで創っていきたいなとあらためて感じました。

信じる力。

飛べるか飛べないかは本当は自分次第。
今日、今、飛べることが大切なのではなく、
飛ぶことを諦めないこと、飛ぶ努力をし続けること。
それが大切なのだと思う。

自分の翼を信じること。

努力を重ねた翼と、諦めた翼では、
同じ小さな未完成な翼でも全然違う。

飛べる日を信じて。

YUKA☆的2009年♪

2009年も残りわずかとなりました☆.。.:*
みなさま、いかがお過ごしですか??

YUKA☆はちなみに12月31日まで仕事で、1月1日から仕事ですww
なんじゃそらw


仲良しぴろこちゃんところから、勝手にもらってまいりました、
2009年振り返りバトン!

○基本○
Q1:名前
A1:またよしゆか

Q2:何歳になった?
A2:26になっちゃいましたねw

Q3:今年を漢字1文字で表すと?
A3:「限」今年は限界値で生活している期間があまりに長かった。。。

Q4:2文字で表すと?
A4:「改革」変わろう、とする年でした。多分来年も。

Q5:四字熟語で表すと?
A5:「一期一会」
  今年もたくさんの人に出会い、本当にたくさんのことを学びました。
  一瞬しか出会わなかったあなたも、ずっと一緒にいてくれたあなたも、
本当にありがとう。

 「一期一会(いちごいちえ)」
  茶道に由来することわざ。
 『あなたとこうして出会っているこの時間は、
  二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。
  だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう。』
  と言う意味の、千利休の茶道の筆頭の心得である。平たく言えば、
  これからも何度でも会うことはあるだろうが、
  もしかしたら二度とは会えないかもしれない
  という覚悟で人には接しなさい、ということである。

Q6:自分の中での流行語
A6:「~す」分かる人だけわかってくださいw

好きな人と付き合うことができるか?
「できる」 or 「できない」
強く望めばきっと叶う。恋愛に限らず♪

明日生きてるか?
「生」 or 「死」
生きていたい。

サイコロを1回振って6の目が出る可能性は?
「出る」 or 「出ない」
…こういう場合、まず出ないのがYUKA☆です(笑)

Q7:今年一番笑ったこと
A7:さて何でしょね。でも実は今年あんまり笑ってない多分。
  ダメですねwww

Q8:今年一番泣いたこと
A8:ことというか、時期ですが。長い別れへのカウントダウン1ヶ月。

Q9:今年一番怒ったこと
A9:YUKA☆が怒るとしたら、それは怒りの感情通り越して悲しくなるので、
  厳密に「怒る」ことはあんまりなかった。悲しくなるね。

Q10:今年一番悲しかったこと
A10:思っていることがちゃんと伝わらないとき。

Q11:今年一番の変化
A11:海外進出!!

Q12:今年一番の経験
A12:これまた、イタリアまさかの1ヶ月一人暮らしw

○月別○
1月: 演奏会ラッシュ♪
2月: イタリア!!!
3月: 時差ぼけ(笑)マジで半月くらい引きずりましたw
4月:「ベルリンの月」
5月: 仕事、仕事、仕事…
6月: どたばた演奏会。。。
7月: 毎日一人の人を想い、手紙を書き続ける。
8月: カウントダウン。
9月: 国際電話。
10月:「ウインザー」「アンジェリカ」
11月: ウィーン。コシファンの日々、幕開け!!
12月: コシファン、コシファン、コシファンふぁん。。。

○人物○
Q1:今年仲良くなった人
A1:キョウコねぇさん。人生の師匠ですw

Q2:今年ケンカした人
A2:今苦笑いしたそこのあなたですww

Q3:今年さよならした人
A3:つい最近、お友達のおばあさまが天国に逝かれました。
  かなりよくしてくださった方なのです。悲しいです。

Q4:今年お世話になった人
A4:YUKA☆を導いてくださった方、一緒にいて励ましてくださった方、音楽仲間、
  演奏会の度に笑顔でご挨拶してくださる方、あげたらきりがありません。
 YUKA☆に関わってくださった全てのみなさん、本当にありがとうございました。

Q5:今年お世話した人
A5:今年はお世話になりっぱなしだなぁ。。。

Q6:今年一番電話した人
A6:笛をこよなく愛する少年です。

Q7:今年一番メールした人
A7:少年少年。

○場所○
Q1:今年よく行った場所
A1:姫路でしょうねw
  いやいや大阪か!?
  ってかその前にユニだたりするか(笑)

Q2:今年行きたかったけど行けなかった場所
A2:淡路。フィエーゾレ。ヴェネツィア。
  規模、ばらばらずぎですがw

Q3:今年旅行した場所
A3:イタリア、オーストリア。

Q4:思い出の場所
A4:フィレンツェ。絶対また行く!!!

○来年に向けて○
Q1:今年中にやめようと思っていること
A1:特にないですw

Q2:今年やり残したこと
A2:大掃除…何とか1日までにやっちまいたんですが。。。
  あーーーーーーー後、年賀状!!!切に。。。1枚も書けてない。。。

Q3:来年の目標
A3:変わる。変える。

Q4:まわす人→みんなもらってくださーーーぃ

なんだかこうしてみると、忙しいけど、本当に充実しているし、
周りにいてくださる「人」にとことん恵まれているYUKA☆です。。。
2009年もありがとうございました
…という台詞を少なくとも後数回は書くであろう(笑)

20091228235148.jpg  おまけ

  前髪を、
  延ばしていたんですが、
  我慢できずに、
  また切っちまったよ
  の図(笑)
  少々きりすぎたw

うまく。


うまくなりたい。

うまくなりたい。。。



うまくなりたいぞーーーーこらーーーーーーーーーー



…おたけびでしたw

私を救ってくれた教室。

先日、行っているコーラス団の今年最後の練習がありました☆.。.:*
また来年も一緒に頑張っていく、歌仲間かつ、人生の先輩方です

と共に、この日で、ここの教室が閉鎖になることが決まっていました。
場所がかわるんですけどね。
YUKA☆、この教室にかなりかなり思いいれがあったんです。

卒業したてで、まだこれから歌どうやって勉強していったらいいか、
本当に手探りで探し回っていた頃、今の師匠にこの教室で出会いました。
YUKA☆が今の師匠の一番大好きだなぁと思えるところは、
何よりも、YUKA☆の可能性を諦めずに、探し続けてくれるところです。
絶対にはばたく翼を持っている、と一番信じてくれたのが師匠です。
当時、いろいろあって少し人間不信でしたw
誰も本当はYUKA☆のことなど、どうでもよくて、
誰かを信じても、それは幻で、裏切られる。
そんな風に思っていました。

卒業後、飛び込んだ歌劇団で素晴らしい仲間たちに出会って、
今の師匠に行き着いた。
このできごとがなかたら、と考えると少し恐ろしいです。
歌、続けられてなかったかもしれません。
来る日も来る日も、この教室でたくさんの歌を歌いました。
厳しくも優しい師匠。
歌って楽しいな、あらためてそう思ったのです。

そのうちにコーラスの仕事を手伝うようになって、
自分も人に教える立場になりました。
このコーラス団の皆さんは、本当に歌をを愛してらっしゃいます。
立場は教える立場ですが、時々大切なことに気付かせてもらっています。
歌を愛する心はYUKA☆にパワーをあたえてくれました。

記憶に残るこの教室は、「努力」と「笑顔」のあふれる空間なのです☆.。.:*

またきっと、素晴らしいめぐり合わせはやってくる。
思い出の場所はそっと胸にしまい、いつまでも忘れずに、
大事に大事に歩んでいきたいです。

歌仲間の皆さんと

20091216161056.jpg

おねぇちゃんのように人生相談にのってくれるキョウコさん
ステキなピアニストです

20091216160912.jpg

さーーーーーー来年も頑張らないとですね

よしこぃ!!!

復活

しました
とはいえまだ平熱よりはだいぶ高いですが(平熱低い)…
ギリ6度台キープ

明日から仕事も稽古も行っていいって
わーぃわーぃ


…ま、台風だけどね

近況☆.。.:*

お久しぶりです☆.。.:*
なんだか梅雨が終わったら突然秋みたいになってしまいましたね
みなさんお元気ですか??

最近はなんだかいろんなことがありすぎた。
いろいろありすぎてすっかり精神力を使いはたし、日記を書くのもなんだか気が進まず、
毎日ベストをつくしてしゃかりきかけ走るという日々を送っておりました。

なんちゅうネガティブな日記じゃい
と、思ったそこのあなた(笑)
それは誤解ですww

知らない人はよく分からない日記になると思うので、まずごめんなさい。
よくご存知の方々、ご心配をおかけしました

YUKA☆の大切な人は、YUKA☆にいろんなことを教えてくれました。
それは口で教えてくれるような類のものではなくて。
なので、言葉では上手くいえないですが、
YUKA☆の心に変化があったことには間違いありません。

今から長い試練が待ってます。
でもそれは成長のチャンスだと思っています。
見ていてくださいね。


ところで…
更新しそびっているネタがたくさんあります(笑)
お写真ばっかりになるかもですが、ぼちぼち更新していきます

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

YUKA☆

Author:YUKA☆
★お誕生日
 1983年2月4日
★性別
 女の子
★星座
 みずがめ座
★血液型
 A型
★お家
 兵庫県
★職業
 オペラ歌手タマゴ
 ユニ○ロ店員
 結婚式聖歌隊
★特徴
 どんくさい
 気づけばいつも歌っている
(↑本人無意識なことも多々有)
★好きな…
→香水
 ・ベビーナイト
 ・インカントシャイン
 ・マジックトゥラブ
 ・サムタイム
  インザイブニング
 ・ベビードール
 ・アナスイ
 ・ジャドール
 ・エスカーダ
 ・ポロ
 ・CKー1
 ・サルヴァトーレ
 ・ハッピー
 書くと甘いですねこれw
 他にもいろいろ♪
→シャンプー(笑)
 ・ケラスターゼ
 ・ツバキ
 ・マシェリ
 ・パンテーン
→映画
 ・天使にラブソングを
 ・クレイマー・クレイマー
 ・ドラえもん全般(笑)
 ・あらしのよるに
 ・魔女の宅急便他宮崎映画
(アニメ好き!?笑)

 
→2012年
 今後の演奏会
いつもありがとうございます♪
お時間合いましたら
是非ご連絡ください♪♪


2012年

*************

5月5日(土)

東日本チャリティーコンサート


お時間合いましたら
是非ご連絡ください。
いつもありがとうございます☆






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
姫☆.。.:*ゆきちゃん♡&ちゃちゃ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。